【ダイエット】好きなものを食べながら痩せる極意

うっとり


こんにちは!




できることなら痩せたいけど食べたいんです!


誰もが本当は願うことですよね。


ダイエットを始めるきっかけは様々だと思いますが、中には昔履いてたジーンズが履けなくなったなど、ふとしたきっかけで始められる方も少なくないと思います。



ということで、その方法をご紹介したいとおもいます。










普通に生きていれば様々な誘惑や友人のお誘いがあります。


新しくオープンしたお店にランチに行きたい、女子会にも参加したい、飲み会だってある。


女子だってたまにはラーメンも食べたいし!


でも、食べ過ぎたら太るかもしれない・・・


そんな想いでついつい食べ物のカロリーを調べちゃうなんてこともあると思います。


そんな「つい食べ過ぎちゃう」、「でも痩せたい!」というお悩みを解決するダイエット方法をお教えしちゃいたいと思います!







極意【食事はゆっくりと噛み締めて】


つい食べ過ぎてしまう人は、特徴として早食いが原因にあります。


仕事などで早く食べる癖がついてしまう人も多いと思いますが、食事は時間を掛けてゆっくり味わって食べることが大切です。


急いで食べると急激に血糖値が上がり、ついつい食べ過ぎてしまう可能性が高いです。


ゆっくり時間を掛けて食べることで満腹感を早めに得られ、調度よい量で食事を終えることが出来ます。


時間にゆとりがあるときは、心がけてみてください。








極意【7時間半~8時間眠り質の良い睡眠をとる】


アメリカで行われた睡眠ダイエットの実験では、睡眠以外はいつもと変わらない生活をおくり、運動や食事制限を一切おこなわない人たちが、10週間で1.5kg~8kgの減量に成功したというデータがあると言われています。


それくらい睡眠はカロリーを消費する大事な行為ということになります。


睡眠には1日7時間半~8時間眠が最適と言われているので、眠りすぎにも注意して実践しましょう。









極意【食事の時間を決める】


24時間の内に食事する時間は8~10時間とし、毎日の食事可能な時間帯を限定しておきましょう。


夜は遅くとも21時までに食べ終えること。


仕事が忙しくて夕食が遅くなる場合は、朝昼を多めに、夜は豆腐やリゾット・雑炊などの軽食を摂るようにすると良いでしょう。


1日の内に食事をする時間を限定して、胃腸を休ませてしっかり消化活動させるようにしましょう。







極意【努力なしでプロにお願いする】


痩身エステにおいてはただの減量ではなく、ボディーラインを基準にしたダイエットを進めていきますので、当然ボディラインが整えばサイズダウンにつながるというメリットもあります。


血液やリンパの循環が悪くなりむくみやすい脚にたいして、ハンドマッサージや専用機器での血行促進やむくみケア等を行ってくれます。


体験コースであればかなりの低価格で受けられるお店を多数存在するので、食べすぎが続いたなと思った日や、大事な日の前に体験してみては如何でしょうか。










食べ方さえ注意すれば太らない!


食べるタイミング、食べるスピードなど気にすることで太りにくい体になれることがわかりましたね。


なかなか意識するのは難しいですが、まずは思い出した時に実践してみることが大事です。



無理なくダイエットして、楽しい食事をとりながら健康的に痩せるのが一番かもしれませんね!






















この記事へのコメント